賃貸物件でのトイレ 水漏れトラブルとその対処

賃貸物件でのトイレ 水漏れトラブルとその対処 賃貸物件で生活していく中でのトラブルですが、トイレ 水漏れをはじめ複数あります。排水管などの経年劣化によるトラブルはもちろん、ペーパーの流しすぎや異物を流したことも原因になります。季節や地域によっては、結露によるトイレ 水漏れや排水管の破裂もトラブルの一つです。簡単なレベルでは自分で修理することも可能ですが、賃貸物件の場合は二次被害を防ぐために管理責任者への相談は必要です。
普通にトラブルが起きた際には、管理会社が負担を支払いますから、気になることがあれば相談するといいでしょう。賃貸物件で起こりうるトイレトラブルの概要について紹介します。

■賃貸物件にてトイレ 水漏れが階下まで及ぶ場合の対処

トイレ 水漏れですが、2階以上の場所で生活を送っている方の場合、被害が大きいと階下まで及ぶことが想定されます。自分が使用している箇所はもちろん、各部屋の床下にも被害は起こっています。この場合だと症状はひどく、建物全体に影響を及ぼしています。管理責任者に依頼して専門業者に依頼するにあたっても、建物全体に及ぶため多額の費用と日数を要します。場合によっては住民間トラブルにもなりかねません。
その場合の対応ですが、費用面では火災保険に加入をしている場合は賄ってもらえます。条件としては概ね建物内外における給排水設備の事故、自室、他室から生じた水のトラブルです。自室及び階下に住んでいる方の家財や電化製品などに被害を受けた場合は、個人賠償責任保険に加入をしていれば、相応の金額を支払ってもらえます。
賃貸物件の契約時に火災保険の加入は必要とされているところが多く、任意で個人賠償責任保険に加入をしている場合は、もしもの場合に安心です。各種契約書を確認しておきましょう。

■トイレ 水漏れが上の階から発生している場合
トイレ 水漏れのトラブルですが、上の階から生じることも少なくありません。その際には個人的に相手の方に確認するのではなく、管理責任者に連絡しましょう。特に面識がない場合、相手によってはトラブルにもなりかねません。管理責任者に状況報告をした上で、対処してもらって下さい。
被害を受けた場合、各種保険に入っている際補償の問題が発生します。被害状況をスマホやデジカメなどで撮影しておくと証拠になり、補償を受けやすくなります。慌てて対応してしまったり、放置しておくことでカビなどの二次被害を招いてしまう場合もあります。まずは管理会社に相談して、二次被害を防ぐための対応をとるようにしましょう。

トイレ 水漏れ修理を自分でする場合のポイント

修理をするにあたっては、管理責任者に状況を報告することが大切です。簡単な場合は、トイレ 水漏れ修理を自分で対処することで費用を抑えることができます。その際の手順ですが、まずは止水栓を閉めて下さい。次に、原因を見つけていきます。排水管にてトラブルが生じている場合は、パッキンのトラブルであることが多いです。工具とナットなどの部品を用意しておくことで、修理は可能です。
便器、タンク内の場合は、オーバーフロー菅やボールタップの劣化、ズレなどが想定されます。ホームセンターで部品交換が間に合う場合もありますが、温水洗浄便座などのタイプによっては、メーカーから直接取寄せとなることもあります。費用や時間は相応にかかりますが、二次被害や水道代の高騰を防ぐことに繋がります。

■まとめ
トイレ 水漏れは、賃貸物件で生活をするにあたり起こり得るトラブルです。自分で可能な範囲の修理もできますが、管理責任者への報告や相談は必要です。甚大な被害や費用負担に備えて、任意で保険に入っておくことも一つの方法です。他の部屋からの被害を受けた場合は、先ずは管理責任者へ相談してから対応してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース